kakure-simi-kakusu-houhou2

隠れシミがお肌の内側に潜んでシミ予備軍になっているなんて…(汗)

10年、20年前に浴びた紫外線の影響が今になって出てくると言われていますからね。

ホント紫外線は怖いです。

 

やはり、人間は加齢と共に色々な機能が衰えていきます。

 

お肌のターンオーバーも年齢を重ねるごとに衰えて、少しの紫外線でもシミになりやすくなるようですからね…トホホ。

 

でも諦めたら女性じゃなくなるし(笑)何もしないより対策したほうが良いのは間違いありません。

 

では、シミや隠れシミを消す方法は?ということですが、シミを消す方法として意識したいポイントを整理しますね。

シミを消す方法として意識したいポイント

  • シミといえばビタミンC、ビタミンB
  • エイジングケアといえばビタミンE、アスタキサンチン
  • 美白といえばハイドロキノン、トラネキサム酸
  • 抗酸化パワーといえばカテキン、大豆イソフラボン
  • その他抗酸化作用のある食べ物

1つずつ分かりやすく解説していきますが、全体的に言えることは、人間の体に常に十分備えられていない成分を積極的に補給してあげるのがベターです。

シミといえばビタミンC、ビタミンB

柑橘系の果物などに多く含まれるビタミンC。

 

豚肉やレバー、うなぎ、牛乳などに多く含まれるビタミンB群。

 

このビタミンCとBがシミに良いと言われています。

 

肌荒れやホルモンバランスを整えたり、特にビタミンCはメラニン色素沈着を抑えて、シミを薄くする働きがあると言われています。

 

ただ、これらは体内に貯蔵できないようですので定期的に摂取する必要があるんですよね。

エイジングケアといえばビタミンE、アスタキサンチン

アーモンドなどのナッツ類に多く含まれるビタミンEは、エイジングケア、若返りのビタミンと言われています。

 

鮭やカニなどに多く含まれるアスタキサンチンは、細胞を活性酸素から守る脂溶性抗酸化物質のひとつで紫外線に強いと言われています。

 

美白といえばハイドロキノン、トラネキサム酸

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも言われる成分で、体内で作られる隠れシミにアプローチしてくれると言われています。

 

ここ数年でハイドロキノン配合の化粧品が出てきたようです。

 

肌の表面にシミができるのを抑制する力があるようですので、副作用の心配がない程度に試してみたい成分です。

 

なお、敏感肌の人の場合、肌に赤みが出ることがあるようですので、ハイドロキノンの濃度が5%未満をメドに考えてみましょう。

 

ハイドロキノンは究極の美白成分とも言われますので、興味がある場合は検討してみても良いかもしれませんね。

 

それからもう1つ、皮膚科などの医療機関から処方されるトラネキサム酸。

 

このトラネキサム酸は、抗炎症成分でメラニンを作り出すメラノサイトの活性化をブロックして、色素沈着を抑制する効果があると言われています。

 

 

内服タイプのトラネキサム酸は、薬剤師がいる薬局でのみ購入ができます。

 

なお、トラネキサム酸は止血剤としても使われていますので、静脈瘤などの病気がある人は注意が必要です。

 

抗酸化パワーといえばカテキン、大豆イソフラボン

紫外線などの刺激で、老化の原因となる活性酸素が発生するとメラノサイトが増えてシミができやすくなると言われています。

 

ですので過剰な活性酸素の増加を抑えたいですが、その時に役に立ってくれるのが抗酸化成分です。

 

緑茶などで有名なカテキン、豆乳などに含まれる大豆イソフラボンは、水溶性と脂溶性の中間構造をしている抗酸化物質で、ポリフェノールのひとつです。

 

その他の抗酸化作用といえばコーヒー?

意外にも?コーヒーの抗酸化力がシミを防ぐと言われています。

 

コーヒーの抗酸化作用が隠れシミに効果的だと言われ、1日に2杯以上コーヒーを飲むとシミが減ることも研究から分かっているようです。

 

 

コーヒーが美白や隠れシミ対策になるというのは、ちょっと意外な感じですが、カフェインを摂りすぎないように注意しながら上手にシミ対策したいですね。

隠れシミを消す方法まとめ

隠れシミを消す方法としていくつかピックアップしましたが、いかがだったでしょうか?

 

どういうものでも1度やって終わりではありませんので、日頃の習慣が大事になってきます。

 

その点で、自分が続けやすいものが1番ですよね。

 

どれだけ効果が高いというものでも、無理に始めて苦痛になって結局やらないようでは意味がありませんからね。

 

それらも踏まえて、飲むだけのシミ対策は普段の対策に1つ加えても負担にならない程度ですので、試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

 

>>隠れシミ対策ランキングはこちら

コラムの関連記事
  • kakure-simi-kakusu-houhou2
    隠れシミを消す方法
おすすめの記事
kakure-simi-kakusu-houhou2
コラム
隠れシミがお肌の内側に潜んでシミ予備軍になっているなんて…(汗) 10年、20年前に浴びた紫外線の影響が今になって出てくると言われていますか...